ワードプレスでローカル環境から本番(サーバー)環境に移す方法。【All in One WP Migrationプラグイン】

ワードプレスでローカル環境から本番(サーバー)環境に移すやり方を解説していきます。

例えば案件で「いきなり実際のワードプレスサイトをいじるのではなく、まずテスト環境で作ってから移してほしい。」なんて言われたときに役に立ちます。

そう聞くとなんだか難しいイメージを持つかもしれませんが、実はとってもシンプル&簡単です。5~10分くらいで出来ます。

手順を簡単に説明すると、

  1. ローカル環境のワードプレスに「All in One WP Migrationプラグイン」をインストール。
  2. エクスポート(データを取り出す)→ファイルがダウンロードされる。
  3. 本番(サーバー)環境のワードプレスに「All in One WP Migrationプラグイン」をインストール。
  4. 先ほどダウンロードしたファイルをインポート(データを入れる)。

です。

例えるなら、ワードプレスが家で、「All in One WP Migrationプラグイン」が引っ越し屋さん。

古い家から家具を運びだし(エクスポート)、

新しい家に入れてくれ(インポート)、全て同じ配置に置いてくれる。

全てお任せ!

みたいな感じ。

めちゃくちゃ便利ですよ。

今回は私が実際に架空の美容室のホームページを移した例で、やり方を解説していきます。

手順1.ローカル環境のワードプレスに「All in One WP Migrationプラグイン」をインストール。

まずローカル環境のワードプレスのダッシュボードで「プラグイン」→「新規追加」→「検索」のところで「All in One WP Migration」と検索します。
すると出てくるので「今すぐインストール」↓

「有効化」します。

手順2.エクスポート(データを取り出す)。

プラグインが有効化されると左側に「All in One WP Migration」メニューにが出てくるので、
「エクスポート」↓

エクスポート先は「ファイル」↓

ここから5分くらいかかりましたが、
「ダウンロード」↓

すると拡張子が「.wordpress」という見慣れないファイルがダウンロードされました↓

手順3.本番(サーバー)環境のワードプレスに「All in One WP Migrationプラグイン」をインストール。

次に本番(サーバー)環境のワードプレスのダッシュボードを開きます。

これがまだ日本語にしただけで他に何も設定していないワードプレス↓

こちらにも「All in One WP Migrationプラグイン」をインストール→有効化します。

手順4.インポート(データを入れる)。

「All in One WP Migration」→「インポート」↓

「インポート元」を「ファイル」に↓

すると自分のパソコンのエクスプローラーが開くので、先ほどダウンロードしたファイルを選択します。

「開始」↓

「完了」↓

これで本当に移動できてるのか?

半信半疑でサイトを見てみると↓

やば、本当にできてる。

ビビりました笑。

「外観」→「テーマ」から見てみると、テーマすら自動的に変わっています↓

プラグインで付けた予約システムもそのまま。

すげー。

これはローカル環境→サーバー環境に限らず、

  • ローカル環境→ローカル環境
  • サーバー環境→サーバー環境
  • サーバー環境→ローカル環境

にも使えます。つまりワードプレスの引っ越しに使えます。

注意点。

注意点としては、

  • 引っ越し先のワードプレスに元々入っていたデータがなくなる。
  • ユーザー名とパスワードが引っ越し前のものになる。

ということ。

データベースが書き換えられるんだから、これらのことは当然といえば当然ですね。

ワードプレスでローカル環境から本番(サーバー)環境に移す方法、まとめ。

ワードプレスでローカル環境から本番(サーバー)環境に移すには、

  1. ローカル環境のワードプレスに「All in One WP Migrationプラグイン」をインストール。
  2. エクスポート。
  3. 本番環境のワードプレスに「All in One WP Migrationプラグイン」をインストール。
  4. インポート。

で簡単にできます。かかる時間も5~10分くらいです。

これができるようになれば自由自在にワードプレスを移動できます。

ぜひやってみてください。

タイトルとURLをコピーしました