WordPressでホームページ制作、やっぱりLightningにしました。Sydneyが全画面スライダーにならない!

WordPressでホームページ制作、

当初はAstraというテーマで作ろうとしましたが、やっぱりやめました。

Sydneyも試してみましたがそれもやめ、最終的にLightningにしました。

その理由を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

Astraのデメリット。

Astraの特徴はテンプレート素材がたくさんあることです。

「どういうこと?Astra自体がテーマ(テンプレート)じゃないの?」

と思うかもしれませんが、

Astraというテーマ(テンプレート)の中に、さらにテンプレートがたくさんあるイメージです↓

最初はAstraで作ろうと思いインストールしてテンプレートを色々見てみますが、

以外とピッタリくるテンプレートがない。

なんとなくデザインがアメリカンというか。

あとテンプレートがありすぎて逆に迷います。

なんとか選んでも、インポートに時間がかかります。

たいした時間じゃないんですけど、「やっぱりテンプレートを変えよう」と思ったときにまた時間がかかる。

め・ん・ど・く・さ・い。

そしてエレメンターでのカスタマイズ方法がいまいちよくわからん。

ということでAstraはやめました。

 

あとAstraのデメリットとしては、スライダーがデフォルトで付いてないということですね。

Sydneyが全画面スライダーにならない!ヘッダーが透過されない。

次に試したのがSydneyというテーマです。

Sydneyはデフォルトでふわっと切り替わるスライダーがついてるし、ヘッダーが透過されていてとってもおしゃれ↓

「Sydney最高じゃん!」

なんて思いインストールし、カスタマイザーから「全画面スライダー」に設定します↓

 

が、全画面スライダーにならねぇ。

ヘッダーが透過されず、背景が黒いままです↓

なんだよこれ?ふざけんなよー。

Sydneyは通常、下にスクロールするとヘッダーの透過が取れこのように黒くなるのですが、

ヘッダーが一番上にあるときでも黒いままです。

設定を色々いじってもダメ。

ググったりYouTubeで調べても出てきません。

そもそもカスタマイザーの項目が、ググって出てくるものと変わっています↓

これはなぜ?アップデートされたから?

 

Local by Flywheelで作っていたので「ローカル環境だからかな?」と思い、

サーバーにアップしてあるWordpressサイトで試してもやっぱりダメ。

どんなに調べても出てこないので、Sydneyやめました。

 

これで3日間くらい費やしました。

これだから海外テーマは…。

 

なぜSydneyのヘッダーが透過されないのか、

なぜカスタマイザーの項目が変わっているのか、

わかる方いたら教えて下さいm(_ _)m

やっぱりLightningに。

そして、やっぱりLightningというテーマにしました。

なぜかというと、平行してこの本を読んでいたからです↓

以前第3版は読みましたが、内容が古かったので新しい第5版を買いました。

これを読んでて、やっぱりLightningがいいなと。

ただこの本の通りに作っただけだと、トップページのセクションが物足りない感じです。

トップページは固定ページから編集できるので、セクションを追加しましょう。

 

そして今作っているサイトの途中経過がこちら↓(ヘッダーの所ちょっと表示がおかしいですが、画像にするとこうなってしまうだけ。)

架空の美容室のサイトです。

自分はLightningはシンプルでお固めだと思っていたのですが、CSSを書けばそこはどうにでもなります。

あと、LightningでもカスタマイザーでSydneyのようにふわっと切り替わるスライダーにできるし

スライダーに色を被せることもできます↓

 

また、Lightning Pro(有料版)にするとカスタマイザーでヘッダーを透過できるみたいです。

私はCSSを書いてヘッダーを透過させました。

コードを公開するとLightning運営から怒られそうなので公開はしませんが(^^;

ヘッダーが透過されているのは一番上の時だけで、下にスクロールすると透過しなくなります↓

 

これでシドニーのヘッダーとほぼ同じ挙動になりました。

わざわざシドニーにする必要はない。

Lightningすげーなぁ。

 

一周回ってLightningに戻ってきた感じですね。

やっぱりLightningがおすすめです。

もう海外テーマはこりごりじゃ。

 

タイトルとURLをコピーしました